コウジの体験記

コウジが「体験したこと」「感じたこと」を綴っています。

不調和の8割は「頑張りすぎ」

和歌山でのリゾバを終え、いまは岩手にきている。今回のリゾバはすごく楽しかった。それはたぶん、好い事も悪いことも、同じ分だけ共有したからだと思う。たった3ヶ月ほどの短い付き合いだったが、ここまで仲良くなれるとは思わなかった。なんか【青春】した気持ちになった。そんでいまは「コウジの人生、自由に使ってください!」の依頼で、路上ライブを行うため、夜行バスに乗って岩手県まで来た。想像以上に寒い。かなり軽装で来てしまったので「これは死んだ」と思った。岩手での路上ライブがどんな感じになるかわからないが、まぁどんな感じになるとしても全力で散ってこようと思う。

 

koji-diary.hatenablog.com

 

やりたいならしのごの言わずやればいいんです。

3日前に和歌山を出て、大阪までヒッチハイクをした。その日に坂爪圭吾さんのトークライブがあり、ちょうどいいなと思い参加してみた。

https://www.instagram.com/p/BT8CH4pFnM9/

今日はねーこれから坂爪さんのお話会なのー!坂爪さんからお花もらっちゃったーカフェスローのコーヒーも美味しいなぁ!

 

坂爪さんはブログでは拝見していたが、実際に会うのは初めてだった。印象としては、「すごくシンプルな人」という感じだった。無駄な部分をすごくそぎ落としている人という感じだ。その坂爪さんに、トークライブが終わった後、話しかけにいった。結論から言うと『殺された』のだった。どういうことかというと、僕が「坂爪さんてすごくシンプルですよね。いつからそうなったんですか?」みたいなことを聞いた。しかし坂爪さんは僕の言いたいことを一瞬で察したのか「それは荷物を減らしたいということですか?」と聞いてきた。そこで「はい」と答えると、「やりたいならしのごの言わずやればいいんです。」と一刀両断された。その瞬間、まったく動けなかった。もしかしたら本物の刀で切られた時も、一瞬切られたかどうかわからなくて、身体は固まるのかもしれないと思った。ぼくは「はい…。ありがとうございます。」と言ってその場を去ったのだった。

不調和の8割は『頑張りすぎ』

大阪でのトークライブを終えた後、そこで知り合った人に埼玉まで乗せてもらえることになった。しかし道中、どうしても眠くなり、「すいません、眠いです。」と伝えた。すると「寝ておいていいよ」と軽く答えてくれた。この瞬間に「あぁ俺は頑張りすぎていたのかもしれない」と思った。それまでのぼくは、ヒッチハイクをしている最中は「寝てはいけない」「盛り上げなきゃいけない」とすごく気を張って頑張っていたと思う。でも久しぶりにヒッチハイクをしてみて(というか坂爪さんに殺されてから)、それがすごくしんどくなった。だからスパッと!やめてみることにした。するとなんだか気持ち悪い感じがする。でもドライバーさんは特に何かを言ってくるでもない。少し睡眠をとると、今度はドライバーさんが眠たくなってきたみたいで、運転を変わることになった。浜名湖まで車を進め、そこで野宿することになった。たぶん、この時に頑張って起きることもできたと思う。でもそうしていたら運転を変わることはなかったと思うし、むしろもっと前でしんどくなって車から降りていたと思う。

たぶんだけど、不調和の8割は『頑張りすぎ』からきているんじゃないか。言い換えれば【お節介】のことかもしれない。「自分がやらなきゃ」という気持ちによって、誰かが「普通にできる」ことの芽を摘んでいるとしたら、頑張ったらできることをあえて頑張らない。するとそれを自然とできる人が現れる。なにか不調和が起きている時っていうのは、ほとんどが「頑張りすぎ」なんだと思う。そのままでいい。むしろそのままがいい。

 

ありえないから未来が生まれる

昨日は久しぶりに地元に帰ってきたから、長くなった髪を切ってくることにした。かれこれ4年近く同じ人に切ってもらってるんだけど、その人と話していると、最近の考えていたことが整理されて面白いんだ。髪を切りにいってるんだけど、そうじゃないみたいな感じかな。

https://www.instagram.com/p/BUB-JO8lmwR/

ひさびさに立川帰ってきたからねー髪を切ってきたー!おまかせな感じにしたら、はじめてのツーブロになったー!ちょっとさわやかな感じになったかなー笑#ツーブロック #メンズヘアサロン

ここ1年ぐらい、ぼくは地元を飛び出して日本全国を飛び回っていた。リゾバ、WWOOF、ヒッチハイク、野宿、0円旅、とにかくいろんなことをしてきた。そこでわかったことは常識なんてすぐ古くなるんだなーってこと。それは世間的なものにも当てはまるっちゃ当てはまるんだけど、ここでの意味合いは自分自身の常識みたいな感じかな。高校時代までの自分といまの自分を比べたら、たぶん全くの別人に見えるかもしれない。それぐらい変わったねと言われることが多い。たぶんそれは、自分がダサいと思って切り捨ててきたからだろう。例えば、昔だったら「チームのみんなで大きな目標に向かって頑張ること」がすごく美しいと感じていたけど、いまはとっても気持ち悪く感じる。なんかすこしでもそこの道から外れようもんなら、みんなから「悪」にされちゃうような気がして、それよりも「みんながやりたいことをしていたら面白い結果になった」ってほうがいまは「いいな!」と感じている。今はあり得ないと思うことでも、未来では当たり前になっているかもしれない。例えば「試合中にグランドで寝ている」みたいなことってあり得ないけど、そんなあり得ないことから、新しいアイデア(未来の当たり前)が生まれるのかもしれない。そうだとしたら、僕は今のあり得ないを大切にしたいな。

 

コウジの人生、自由に使ってください!

どうも!みなさんこんにちは。コウジです!

この度、2017年3月をもちまして大学を退学したので、「絶賛お金はないけど時間だけあまりに余っている状態」なのでございます…笑

しかーし、ここ最近、「リゾバ終わったあとなにしよー」って考えても、そんなに浮かんでこなかったわけ。なんかこう「ココロ」が踊ってくる何かが全然思いつかなかったの。そんでまた昨年みたいに「ヒッチハイク」とか「WWOOF」して旅でもするかーって思ってたんだけど、それもあんまりココロが踊らない。そこで思いついたのが「自分で決めないですべて他人に任せてしまえ!」というものだったのです!!!!

そこで思いつきSNSに、

 


と投稿してみたところ「自分の息子たちをヒッチハイク旅に連れていってほしい」というまさかの依頼が舞い込んできて、もうびっくり仰天しました。だって社会的地位とかなんにもない若者に自分の子どもを預けよう!さらにヒッチハイクに連れてって!なんて考えてくれるお母さんがいるんだから、まだ日本も捨てたもんじゃねーな!と思いました。

f:id:KojiBlog:20161022171542p:plain


それにしてもこの流れはとても面白いと感じたので、「お金」「地位」「スキル」そこらへんのものはなんにも持っていないけれど「時間」だけはあまりに余っている状態をうまく活用して、まずは5月いっぱいだけですが、日本全国すべての方の奴隷として、このコウジの身体を捧げたいと思います!
是非、皆様に協力していただき、このコウジの身体をボロボロになるまで使っていただければ幸いです。

f:id:KojiBlog:20160314230246j:plain



以下詳細↓↓↓
・期間:5/8〜5/31

・内容:コウジの身体を奴隷として使ってください。
ex:路上ライブ、子守り、子どもをヒッチハイクの旅に連れていく、草刈り、熊狩り…などな、なんでもオッケーです!

・料金:奴隷なのでもちろんタダです。(移動手段はヒッチハイクを使おうと思いますが、遅刻する可能性がとても大きいです。交通費をいただけるのであれば遅刻は絶対にしません!たぶん…笑)

・連絡先
Mail:Koya_1110@yahoo.co.jp
Tel:09098007671
Twitter
https://www.facebook.com/KoozyCahnnel

(DM待ってます!)
Facebook:
https://www.facebook.com/KoozyCahnnel

メッセンジャーやイベントにコメントください!)

 

目の前にいる大好きなあなたを喜ばせたい。

こっち(那智勝浦)に来てから、もう1ヶ月が経とうとしている。ここ何日か体調を

崩してたけど、やっと治ってきたのでここらでブログを更新することにするわ。

動画の更新もたまっているけど、まぁまぁボチボチいきましょー。

 

買い物は投票だ。

最近のSNSへの投稿は、そのほとんどが料理のものになっている。毎日、仕事、自炊、仕事という流れだから必然的に投稿できる内容が料理だけになっているんだけど笑

https://www.instagram.com/p/BRUjqSrhTWg/

今日の男飯。オムレツに昨日作ったトマトチキンソースをかけたもの。超簡単飯やね。いただきまーす!卵はもちろん平飼い卵を使ってます!#ケトジェニックダイエット #糖質制限 #男飯。 #オーガニック #平飼い卵

材料には結構こだわり?みたいなものがあって、基本的にはオーガニックなものを使っている。健康のため?という側面ももちろんあるが、単純に美味しいからという側面もあるし、あとはWWOOFで有機農業の体験をしたからという側面が一番大きいと思う。
何かを「生み出す」とか「ツクル」っていいうのは、ものすごく労力がいることだと身をもって知っているので、なるべくなら頑張っている人を応援したいと思い、大体の買い物をしている。正直なところ食費は同じ派遣の中では2倍ぐらいの違いがあるとは思うが、長期的な医療費とかを考えてみたら安いものだ。『買い物は投票だ』この言葉を胸にこれからもオーガニックの選択を続けていこうと思う。

嫌いなものにはぱっぱとおさらば。

最近の楽しみといえば、本当に料理をすることだけだろう。一緒に働いている同僚からも「毎日自炊してんの?すごいね!」とよく言われるのだが、料理をすることがめんどくさいと全然思わない。やっぱり『好きこそものの上手なれ』なんだなと実感している。逆に言えば嫌いなものにはぱっとおさらばが肝心だ。

そんなことを考えていたら、昨日ある電話が僕のもとにかかってきた。電話は大学からだった。皆さんも知っての通り、僕は大学を退学する。もちろん退学届けも提出済みだ。それなのに大学側からの電話の内容は「山下くんこれから大学はどうするの?」というものだった。マジでふざけんなと心の底から思った。正直、マジでおれはいま怒っている。なぜかというと退学届を出すまでに何時間も時間を使わなければならなかったからだ。具体的には1度目の提出時に、旅の話で盛り上がり「そこまでしっかり考えがまとまっているなら受理しましょう」ぐらいのことを言っておきながら、成績(ほぼオール5みたいなもん)を見た瞬間、急に顔つきが変わって「この紙は受理できません。担任の教授と話してください。」と言われ、しょうがなく後日また出直すことになったのだ。そして後日、教授ともしっかり話を話をして退学届は受理された。ハズだった。その数日後には復学届けが郵送されてきて、まぁ事務的なものだろうぐらいに思っていたら、今度は催促のメールが送られてきた。ちょっとふざけんなと思っていると最終的にさっきの電話だ。あぁやっぱり大学は生徒を金ズルとしか思っていないんだなと感じた。学歴とか良さそうなことを言うが、大学も所詮はビジネスだ。僕は「頑張っている人」「応援したい人」にこそお金を使いたい。逆に言えばそこらへんの想いが伝わってこない限り、1円たりとも払わない決めている。いまは大学を辞めるという選択をした自分を褒めたいと思う。

 

どんな感情でもいいから共有したいんだ。

最近は体調を崩していたこともあり、ちょっと休養週間であった。体調を崩すというのはデトックスの意味もあると考え、そこにしばし浸ってみることにした。すると怒りとか不安とかがものすごく湧いてきて、何だかもうぐちゃぐちゃしていた。そんな中でも週1で行われる飲み会パーティが今の楽しみになっている。同世代の仲間たちに料理を振る舞い、お酒を飲み、愚痴をこぼしながら盛り上がる。

f:id:KojiBlog:20170308113220j:plain

前まではそんなこと無駄だろうなと思っていたが、1人暮らしをすると寂しいことが多い。仕事が終わって家に帰っても1人だから、今日起きた面白かったこと、嬉しかったこと、辛かったこと、嫌だったことなどを共有することができない。共有できるというのは、僕が生きていく上で本当に大事なことだなと思う。でもこれは1人暮らしを体験したからこそ感じられたことだ。人とつながるということは時に煩わしいこともあるけど、今の僕にとってはどんな感情でもいいから共有したいんだ。

目の前にいる大好きなあなたを喜ばせたい。

この前Facebookにある通知が来ていた。

f:id:KojiBlog:20160303151054j:plain

それはタイの子どもたちのキラキラした目と笑顔だった。そっかぁタイに行ってからもう1年が経ったんだぁ。

f:id:KojiBlog:20160228221039j:plain

こんなクソみたいにテキトーな自分でいることができたタイという国に早く帰国しタイ。(なんちゃって。)

ぼくは料理をすることが好きなんだけど、多分それは人の笑顔を見ることが好きだからなのかもしれない。「美味しい!」とか「美味しそう!」とかで目の前の人がキラキラした目になり笑顔になってくれるのが一番嬉しい。

タイではそんな笑顔に毎日触れることができたからぼくの心も溢れるように喜んでいたのだと思う。

これまでぼくはサッカーとか、タッチフォーヘルス、スポーツメンタルコーチ、ブログ、Youtubeとかとにかくいろんなことをやってきたけど、それは「目の前にいる人を喜ばせたい」という想いが原点だったのかもしれない。いまはそれが「料理」に変わっているだけで、そのツールはなんだっていいのかもしれない。とりあえず今はこれがいいなってものに熱中して飽きたら捨てる!これがコウジの生き方だろう。

とにかくぼくの中で大事なことは『目の前にいる大好きなあなたを喜ばせたい』それだけだ。だからブログよりもYOUTUBEよりも目の前にいるあなたを大事にしたいと思うから旅に出るのかもしれない。借金をぱっぱと返してまた旅に出よう。

Youtubeで旅の動画載っけてます!もしよかったら見てね!

 

www.youtube.com


九州0円旅の動画はこちら↓↓↓

 

www.youtube.com

*募集中*

・カメラマン&編集として一緒に旅して動画を作ってくれる人!

高校の時の友達に言われてYoutube始めたけど、本格的にやりたいなと思ったんで募集します!一緒に旅したい人連絡待ってます!

連絡先
09098007671
koya_1110@yahoo.co.jp

幸せを感じたければあえて苦しさを選ぶこと。

どうもコウジです。僕はいま和歌山に来ています。こっちに来てから1週間ぐらいなんで、ここらで今日までのことをまとめておこうと思いまーす。

リゾートバイトってなに?

なんでわざわざこんな辺鄙な場所に来ているかというと、僕はいまリゾートバイトをしているのだ。(ってかへんぴってこんな感じ書くのな「辺鄙」知らんかった。笑)リゾートバイトというと2chの怖い話が思い出されるがそうではない。まぁ簡単に言えば、リゾート地で期間限定で派遣として働くことだ。詳しくは下記を見ていただければいいと思う。

2chで語り継がれる怖い話「リゾートバイト」※長文&閲覧注意 - NAVER まとめ

あっ間違えた。こっちだ。

リゾートバイトとは|【リゾバ.com】

実は僕がリゾートバイトをしたのは今回が初めてではない。実は1年前にもやっていたのだ。しかし、そこでは壮絶すぎる出来事があり2ヶ月持たずに退職した経歴がある。

koji-diary.hatenablog.com

 なので今回の仕事先選びはすげー慎重になった。なんたって派遣を雇うぐらいなんだから、人件費を削りたくてしょうがない会社だろう。そういうところはだいたいブラック企業だったりする。だから職種や時給、寮の設備以外にも「現場の雰囲気はどうか?」「期間満了率はどれぐらいか?」「途中でやめた人はどんな理由でやめたのか?」「シフトはどんな感じなのか?」などをとにかく細かく聞く必要があった。そこまで聞けば職場のだいたいの雰囲気はつかめるし、前回のような失敗はないだろうと思っていた。


1月に求人を派遣会社に問い合わせ始めた。当初は1月終盤から働き始められるところということで探していた。そこで1件目を問い合わせたところそこは人数がいっぱいでダメ。2件目は突然の派遣中止という「ロスタイムで逆転して優勝を決めた2014シーズンのマンC並みのどんでん返しをくらいダメ。そこでもう既に1月終盤を迎えていた。そしてなんとか3件目の案件を問い合わせたところで「元々フロントだったけれど客室ならオーケーです」と言われ、完璧ではないがそこに決めることにした。

ちなみに僕が利用している派遣会社は株式会社アプリというところだ。

hataraku.com

とにかく緊張。ほんとにとにかく緊張。

こっちにやってきて、まずやったのは寮の案内。ここは珍しく1Rタイプの寮で、職場から歩いてだいたい10分ぐらいのところにある。しかし着いたらびっくり!想像以上に汚い。バスタオルは洗濯ロープにかかったまま、味噌が冷凍庫に入っていて使いかけのバターが冷蔵庫にあった。部屋もホコリだらけで、前の派遣さんが残していっためっちゃ汚い食器や料理器具が残っていたので、それらをとにかく捨てて掃除をしなければとてもじゃないけど住める状態ではなかった。1人暮らしに必要なものはほとんど揃えていたので、掃除さえしてしまえばナントカなった。


そして次の日にはとうとう仕事。約1年ぶりの仕事でとにかく緊張していた。やることすべてが頭に入ってこない。お客さんの人数が少なかったのでどうにかやりきったが、これが続くようではやばいなと感じていた。迎えた2日目。まさかの当日で50人増え200人以上のお客さんを対応しなければいけなくなった。もうとにかくテンパりまくっていた。その日は結局そんな状態で11時間ぐらい働いたんじゃないかな。

3日目はバイキングではなくお部屋出しをさせてもらうことになった。前回の高野山もそうだがお部屋出しは最高に楽しい。お客さんと仲良くなれればいろんな話をすることができるし、それでお金がもらえるのであれば、おしゃべり好きなコウジはいくらでもできるだろう。しかしさすが一泊2〜3万円するホテルだ。その客室係りのレベルが高く、料理至っては懐石料理だ。久々にこんな高いところにきたからなのかまだ体はなれない。とにかく緊張。それが解けない。マニュアルがお客さんの前に出ると頭からすっ飛んでしまう。しかしどうにかして先輩にフォローをしてもらいやり遂げることができた。4日目もお部屋出しで、とうとう1部屋任せてもらえることになる。しかしここで自分をネタにして笑いに変えてしまうのがコウジだ。「研修中でして…」から始めてミスをすることに対して寛容になってもらう空気をスッと作る。ここら辺がパッとできるのはキャプテンだったからなのかわからないが、この能力は身につけておいてよかったなと今になって思う。

 

人体実験を始めてみた。

こっちに来て始めて1人暮らしをしている。今回はせっかく1人暮らしをするので、ある人体実験を始めている。

https://www.instagram.com/p/BQSX9__AySt/

一人暮らしなんで、今までずっとやりたいと思ってたケトジェニックダイエットに挑戦!?現在体重→81キロ(現役から約10キロ太った)ということで今日の男飯。牛肉と卵のスープとネバネバ三兄弟の超簡単飯!笑#ケトジェニック #糖質制限#男飯#一人暮らし#リゾバ

料理は基本的に毎日、昼と夜の分を自炊している。朝は食べない方が調子がいいので食べていない。ケトジェニックダイエットについては下記の記事を参照にしてほしい。

 

koji-diary.hatenablog.com

 ケトジェニックダイエットを簡単に説明すると、栄養の少ない直接糖をなるべく断ち、肉つまり動物食を増やす食事法だ。最近ではサッカーの長友が実践していた。僕の親友でもケトジェニックを試している人がいるぐらい、最近流行っているのかな。僕はここにオーガニックの調味料やジビエを活用しているので、歯科医師の長尾先生の「先住民食」に近いのかもしれない。ただ僕は日本食で育ってきたので納豆などの和食が欠かせない。肉をたくさん食べるが、味噌汁なんかも飲んだりする。まぁ適当ってことだ。ただここまでの食事はほとんど糖質制限寄りになっている。しかし1週間経つがそこまで感じていない。ここからあと2ヶ月以上あるから何かしら変化があるだろうということで実験を続けていこうと思う。Instagramの方では情報更新をしているのでリアルタイムではそっちを確認してもらえるといいかな。

https://www.instagram.com/p/BQhIJU2ANf-/

マジミスった~笑玉ねぎ多すぎた…お昼はランプ肉のステーキオニオンソースがけとネバネバ三兄弟。玉ねぎとオクラ、長芋はホタテ洗いたい放題で洗いました。オニオンソースはバター、醤油、お酢で味付け。さぁいただきまーす!#ケトジェニックダイエット#男飯 #オーガニック #ジビエ


幸せを感じたければあえて苦しさを選ぶこと。

1人暮らしをするにおいて、まずしなければいけなかったのが買い物だ。普段スーパーには親と一緒に行ってはいたが、当事者意識で買い物をしていなかったので、これが安いのか高いのか全然わからなかった。そんな感じで眺めていると案外オーガニックの商品が並んでいる。平飼いの卵も400円ほどで購入することができた。しかしこんな風にオーガニックなものが簡単に買えると思っていなかったので、やはり時代の流れが変わってきたのかなと思った。

ただ毎日料理を作るとなるととにかく買い物が大変だ。さらにケトジェニックダイエットはかなり食費がかかる。あぁこんな風にお母さんは毎日やってくれていたんだと思うと、少し感謝の気持ちが湧いてくる。家では文句ばっかり言ってすいませんでした。

まぁ魚も海の中ではそれが海なのかわからないように、家の外に出てみなければわからないことだったからしょうがない。ということを自分に言い聞かせて自分を慰めてみた。でも今回の1人暮らしは僕にとって挑戦だ。やったことがないことに挑戦するときは最初は大抵の場合失敗するし、でもそこから工夫して工夫して成功させていく。やっぱりこのプロセスがあるから面白いんだよね。そういった意味でも3ヶ月後の自分はどんな風になっているか楽しみだ。

幸せなときにはそれが幸せだとはわからないし、苦しい時にはそれが苦しさだとはわからない。幸せな時に苦しいことがあるとその苦しさがわかるし、苦しい時に幸せなことがあるとその幸せがわかる。幸せを感じたければあえて苦しさを選ぶことだ。

 

それじゃまたね!

そういや動画更新もしなきゃな。みんなちょっと待っててな!

 

Youtubeで旅の動画載っけてます!もしよかったら見てね!

www.youtube.com

九州0円旅の動画はこちら↓↓↓

www.youtube.com

*募集中*

・カメラマン&編集として一緒に旅して動画を作ってくれる人!

高校の時の友達に言われてYoutube始めたけど、本格的にやりたいなと思ったんで募集します!一緒に旅したい人連絡待ってます!

連絡先
09098007671
koya_1110@yahoo.co.jp

ココロが躍っているときは、それまでの問題など一気にどうでもよくなる

14筋体操ブラジルテンポ  

昨日は3週連続でサッカーをしてきた。珍しく早い時間帯にグラウンドに行ったので、僕が行ったときにはまだ一人しかいなかった。スパイクに履き替え、早速ボールを蹴ろう!と思っても僕はボールを持ってないので、仕方なくアップをすることにした。

 

軽いランニングを始めてみると体の左半身が重い。体の力を抜き、一見すると超ダルそうな走り方をしている。しかし、これが案外気持ちがいい。そして少しずつステップを踏んでみる。いい感じだ。ここで現役のときにやっていたブラジル体操をやってみることにした。ブラジル体操とは、ブラジル人のテンポ?を基にした体操だ。(シンプルだね笑)主にそのテンポの習得を目的としているものだと教えてもらった気がする。

youtu.be

 

そのブラジル体操を始めてみたときに「このテンポのまま動きだけ14筋体操に変えてみたらどうなるんだろうか?」という疑問が浮かんだので、すぐにやってみることにした。14筋体操とは、タッチーフォーヘルスという代替療法の1つの調整の仕方だ。

 

僕はこのタッチフォーヘルスを学んだことがある。高校を卒業してスポーツメンタルコーチになると決めたときに教えてもらいにいった。その当時も14筋体操はやったのだが、そのときはさっきの動画の通りその場で止まったままやるものだったのでアスリートだった僕からすると「物足りなさ」を感じていた。しかしアレンジするという頭もなかったのでそのままやってみたこともある。でもそのときはなんか意気込んだのか、身体も軽くならないし、何より『よくなるはずなのに…なんでダメなんだ』という余計な思考がすごく邪魔をしていた。

 

そんな過去があるので「なんだあんまり使えねーじゃん」などどふてくされていた自分もいた。しかし昨日は「それでもまだ希望はある!」的な自分が顔を出したのか、そうではないとしてもとりあえず組み合わせたら面白そうだったので、ブラジル体操のテンポで14筋体操をやってみることにした。

 

すると面白い具合に身体が温まった。昨日はいつもより暖かかったというのもあると思うが、それに合わせて僕も服を2枚も減らしていたから影響は少ないだろうと思っている。

その後、徐々にメンバーが集まりゲームが始まった。しかしさっきの体操の効果は身体が温まっただけにとどまらず、ココロも温まっていた。すごく声が出る。なんかわからないけど。とにかく声を出していた。一日経った今から考えると、あの状態になった自分はとにかく調子がいい。みんなと繋がっている感をすごく感じるし、何より楽しい。


これは一種のフローのような状態なのかもしれないが、この感じになったら僕の身体のキレは増す。それは現役の時から何度も経験しているので、すぐに直感で『今日はイイ日』だとわかった。


大満足でその日のサッカーを終えた。大満足な日は、ビールでもグっと飲みながら良かったプレーとかを思い出しながら『最高だった俺』に浸るのが最高だ。『まだまだ満足できないので成長します!』みたいなコメントを出すアスリートがいるけど、僕からしたら『え?ゴールしたのにうれしくないの?』と思ってしまう。まぁそのアスリートなりの『最高だった俺』基準があるのかもしれないが。おっちゃんから300円もらったことに最大の喜びを覚えたコウジからすれば、その時の喜びは100円で買ったお菓子に1万円分の商品券のおまけが付いてきたぐらいに感じるのだが。まぁいい。

僕は最高なプレーを作ってくれた体操を

『14筋体操ブラジルテンポ 』

と名付けようと思う。

 

 

どんなイイことでも「みんなに相応しい」とか言い始めた時点でそれは『教祖の教え』になると思う。

 

ついさっき『14筋体操ブラジルテンポ』が素晴らしいプレーを作ってくれたと書いたが、この体操はきっかけを作ったにすぎないなと思う。俺の意見なんてコロコロ変わるんもんだから、どっちやねん!という批判は受け付けない。

「この体操は本当に素晴らしい!」とめっちゃとにかくめっちゃ自画自賛した。しかしみんなが実践するものだなどとは一切思わない。どんなに素晴らしいものでもみんなにふさわしいとか言った時点で、それは一瞬で『教祖(誰か)の教え』になると思う。合う人もいれば合わない人もいるのは当たり前。それは自己責任で試せばイイことで、誰かに押し付けたり、誰かが言ってたから信頼するとか、自分以外の誰かに任せるなよ。


誤解を恐れずに言うと、僕はみんなで同じことをやることにすごく違和感を覚える時がある。アスリートだった高校生の時まで、よくあんなに張り切ってやっていたなと思う。みんなで同じことをやろうとすればするほど、その枠からはみ出すことが難しくなる。でもその枠って自分が作りたいものではない場合が多い。大抵はコーチとか監督とか先生とか、親とかキャプテンとか人の上に立とうとする人が作るものだ。僕はその立場に立ったことがあるから、自分もそうして他の「誰か」の自由を奪ってしまったのだろうなという思いがある。

 

もちろんそれによってチーム力が強くなることがあるだろう。でも僕はそれに限界があるとキャプテンっをやってみて感じた。むしろ「みんなが好きなことをやりながらそれでも上手く回る」という姿が見てみたいと今は思っている。極端に言えば「アップをしないで試合に出る」選手がいても良いと思う。それが本人にとって最善なんだとしたら、それを邪魔する権利は他の『誰か』にはないハズだ。


ココロが躍っている時は、それまでの問題など一気にどうでもよくなる。

 

『最高な俺』に浸った後、僕は眠りにつくことにした。しかしここ1週間ほど僕はある一抹の不安を抱えていた。夜寝れないのだ。なぜそうなったかというとUNEXTという動画配信サイトにはまってしまった。『宇宙兄弟』『闇金ウシジマくん』など面白い作品がたくさんあった。僕は一度はまると、それが終わるまでやり続けてしまう傾向があり、今回もそうなってしまった。

1月後半の予定は、「寝ては食う。また寝ては食う。」しかなかったので、朝6時まで動画を見続けても何も問題がなかった。そういうときは基本的に夜食を食うというのがいつものパターンになっており、そういうときは簡単に作れる麺類に限る。糖質制限のトの字もない。そうやって夜食を食い5時頃まで動画を見て14時頃に起きて〜という『夜食&動画』生活を2週間ほど繰り返すことによって、動画がなくても朝4時頃まで眠れなくなっただけでなく、体重も激増しており現役から10キロ以上太って83キロになっていた。

さすがにこれはやばいぞ!と危機感を覚えたときに和歌山へのリゾートバイトが決まった。相談し始めてから1ヶ月も経っていたので「本当に決まるのかな?」と不安に思っていたのが、今回の暴走につながったのかもしれないと振り返る。

しかし安心したのも束の間「夜寝れない」という問題が浮上した。リゾバの仕事は朝が早い。夜に寝れないとなれば、朝は最悪なコンディションで迎えなければならない。それだけは絶対に避けたいと思った。

「夜寝るためには?」と必死に考え「お酒をいつも以上に飲む」という古典的な方法を思いついたが、あまりお酒に強くない僕は、ちょっと飲みすぎるとすぎに寝てしまうという癖があるのを完全に忘れており、20時代にベットに潜り込んだが1時頃に目が覚めてしまいあえなく作戦失敗に終わっていた。それ以外にも「難しそうな本を読む」とか「腹式呼吸でリラックス」とか試したけど全部ダメだった。

もうこうなると習慣の恐ろしさを恨むしかなかった。自分のせいだなんてわかっている。だけど「闇を経験したからこそ光に向かうことができる」というよくわからない言い訳で自分を納得させていた。

さてここまでが前提のお話。そんなことがあったので昨日夜は「天国から地獄」へ突き落とされていた。「出発まであと5日。果たして今日は寝れるのかな…」という不安の中で僕はベッドに入った。

気づくと朝になっていた。それはそれは嬉しかった。今日ほど睡眠ができることに喜びを覚えた日はないだろう。昨夜の僕は『最高の俺』に浸っていたからココロが躍っていた。もしかしたら『ココロが躍っているときは、それまでの問題などどーでもよくなる』ということを身体は知っているのかもしれない。

10キロ太ったことも「ケトン体の身体にする人体実験」のためだったのかもしれない。そう思えばすべての出来事はパーフェクトにできている。

 

お前の生きる道は
これまでも
これから先も
天によって完ぺきに
決まっていて

それが故に
完全に自由だ

(by 沢庵宗彭) バガボンドより

 

 

 

ユーチューバーやってます!動画を見てもらえると嬉しいです!

www.youtube.com

九州0円旅の動画はこちら↓↓↓

www.youtube.com

 

頼むから首をつりながら「ありがとう」なんて言わないでくれ。

アスリートだった頃のコウジ


ぼくは元々アスリートでして、高校まではサッカーを15年ほどやっていました。アスリートっていうと挨拶とか感謝とかが徹底されてるっていうイメージありますよね笑

特にぼくが行った高校は「心で勝負」なんていう言葉がとっても大事にされていて、もう挨拶から何からとにかく徹底するわけなんですよ。

 

でもなんか違和感がありました。まぁ百歩譲って挨拶はいいとしても、

 

『今この瞬間は「感謝」しかない。』

 

なんて言われた日には、
正直な気持ちとして「なんだそれ?」って思っちゃったわけです。笑

とはいってもまぁ当時はキャプテンだったってこともあり、それが当たり前だったわけですね。

 

でも今考えると、当時の自分が気持ち悪いなと感じます。そりゃ人当たりは良かったと思います。THE好青年って感じでしょうか?笑

もちろん挨拶とか感謝って大事なことなのかもしれません。
してもらったら気持ちがいいですしね!

 

でも!毎回毎回、「挨拶するぞ!」「感謝するぞ!」ってなるのはさすがに異常だったなと思います…笑

そんなことしてたらなんか心が疲れてくるんですよ…

でもなんで心が疲れてしまったんだろう?なんて当時の自分ではわかりませんでした。

 

 


自分が自殺していることに気づいたカンパ


今の自分ならなんで心が疲れてしまったのか?が少しわかる気がします。

それは、

「挨拶」とか「感謝」が心の底から溢れ出してきたかどうか?

ということだと思います。

ちょっとこの記事の中の動画を見て欲しいんですけど、

www.facebook.com


これは九州0円旅のときに初めてカンパをもらったときの映像です。

それはもう本当に心の底から「ありがとう」が漏れちゃいましたよ笑

ぼくはこのときに「感謝」ってこういうもんなのかもな。と気づきました。

だって「嬉しいから!それを相手に伝えたい!」んですね。

 

いまはその気持ちを殺して「ありがとう!」と言うと、乾いた雑巾から水を絞り出しているような気がします。

自分の気持ちを殺してるわけですから、

それはもう一種の自殺かもしれません。。。笑

 

 

自分の中から溢れ出たものを使う


なんでこんな話をしたかというと、
もちろんアスリートのパフォーマンスに影響するからですね。

さぁもう一本動画を見てみましょうか。

youtu.be

「感謝の力」とか「大和魂」とか言うと宗教っぽくなるんで、ぼくは嫌いですが笑
まぁそんな言葉はどうでもいいんですけど、この力は本当にあると思います。

つまーり!

自分の中から溢れ出たエネルギーをそのまま使うと、力を使おうとしなくても力が出る。

ということ!

まぁこれはもう技術云々とかじゃなくて生き方そのものですね。

 

 

頼むから首をつりながら「ありがとう」なんて言わないでくれ。

 

ちょっと自殺しながら「挨拶、感謝ってのを想像してみてください。

相手が首をつりながら「ありがとう」と言っているに等しいのです!笑

見たくもないのに勝手に自殺するところを見せてくるんだから、

もうされた方からしたらたまったもんじゃないですよね。。。笑

f:id:KojiBlog:20170204150532j:plain

(画像はネットから借りました)

 

でも「挨拶」とか「感謝」の教育という名の強要は、

相手が首をつりながら挨拶するのに対して、

「お前もちゃんと首をつりなさい!」

って教えるんだから、もう正気の沙汰ではありませんね。笑

 

そうやって自分の中から溢れ出たものを押さえつけて、無理やり違うものを出そうとしたら心が疲れるのもしょうがないですね…

「心で勝負」なはずなのに、
肝心な試合のときに心が疲れてしまっては、試合をする前に負けてちゃってますね笑

そういうぼくもこれからホテルで働くわけなので、お客さんに対して
「ありがとうございます」をいう機会が増えるでしょう。

その時にどれだけ自殺しないで言えるかどうか?
そこら辺が働く上での課題になるのかなぁなんて思ってます。

 

そういった意味で、

『頼むから首をつりながら「ありがとう」と言わないでくれ。』

というタイトルにしてみました。笑

 

あ、そういえば初めて一人暮らしもするから、炊事洗濯とかそこら辺に対してなにか感じるものがあるかもしれませんね♪

いまは両親に対して「ありがとう」なんて全然思ってませんよ。

やってもらえるのが当たり前で、心から溢れてくるものがないからかな♪笑

そんじゃまたね。


*募集中*

旅を共にしてくれるカメラマン&編集を募集しています!

一緒に面白い動画作っていけたらいいな!

興味あったら連絡くださいね↓↓↓

tel:09098007671

mail:koya_1110@yahoo.co.jp

 

ユーチューバーやってます!!!

www.youtube.com

九州0円旅の動画はこちら↓↓↓

www.youtube.com

 

ヒッチハイクを必ず成功させるコツ

最近はUNEXTという動画サイトで『宇宙兄弟』や『闇金ウシジマくん』にハマって一気見をしていたら、すっかり昼夜逆転の生活になっていた…

 

まぁそんなことはー置いといてっ!!!

 

師匠(通称:川ちゃん)からヒッチハイクの極意を伝授されてから半年以上。

初回からまさかの大成功を経験し、これまで乗った車は150〜160台にも及ぶ。

自他共に認める『天才ヒッチハイカー』に成長したコウジが、

今日はヒッチハイクを必ず成功させるコツを伝授しようと思う。

 

 

それではレッツゴー!!!

 


コウジがヒッチハイクで意識していること


師匠からヒッチハイクを成功させるために、


コレが一番重要だと教えられたのは『場所』ダッ!!!


ヒッチハイクをする『場所』さえ間違えなければ80%成功すると考えてもいい。

それぐらい『場所』は大切ダッ!!!

 

具体的に言うと、


「車が停車できるスペースがあること」


コレダッ!!!


どれだけ段ボールに『大阪』と書いて掲げたとしても、
車が停車できるスペースがなければ、
ドライバーからしたら、ここじゃ止まれないよ…笑


ということなってしまうのダッ!!!

せっかく乗せてあげようかなと思ってくれたのに、停車できないというのは勿体なさすぎる。。。。。。

 

例えば、

信号機の前、コンビニやガソリンスタンドの50m手前


とにかく停車できるスペースを探してやってみよう!

 


しかーし『場所』を確保したからといって、
必ず捕まるというわけではないのがヒッチハイクの面白いところ…

 

ではどうすればいいのか?

 

ここからはコウジの経験に基づくものになので、
必ず成功する!かは全く保証しません!(なので必ず成功させるコツじゃねえのかよという批判は一切受け付けません笑)

 

とりあえずいってみよう!!!

 

僕の経験則では、


『あなたにこの赤い糸ツナガレ!!!』


コレが大事になるのダッ!!!


これに気づいたのは大阪から東京に帰る時だったかな。

とにかくどうにかして乗りたくて、

大げさに乗せてくれということをアピールしたんだけど全然ダメで、

「なんで乗れないのかな?」と考えた時に、

それまでは大げさにやっていたから、

『誰か乗せてくれ!』って感じだったんだけど、

もしかしたら「それがダメだったのかも?」と思って


『あなたに乗せてほしい!!!』


みたいな感じで、1人のドライバーに的を絞ってみたら面白いことが起きたんだよ。


一見、絶対乗せてくれなさそうなおっちゃんとなんか目が合って、そのまま乗せてくれたんだよね笑


よくよく話を聞いてみると


『なんか目が合っちゃったから乗せてあげようと思った』


って言うから『こりゃ成功ダッ!!!』って思ったよね。


ヒッチハイクってさ、本当に『一期一会』の世界。


出会ってもほとんどの人とはそれっきりだし。

 

でも、1分、1秒でも
その場にいる時間が違ったら出会えないんだよね。

 

だから僕は乗せてくれた人とは
何か意味とかご縁があるんじゃないかと思うわけなんです。

 

まぁ赤い糸みたいな感じだよね。


僕から出すことができる赤い糸は1本だけだから


『あなたにこの赤い糸ツナガレ!!!』


って感じでドライバーと糸をつなげていくのが大事なのダッ!!!

 

まぁおおよそはこれぐらいなんだけど、

 

実はこれまで書いたことを全て不要にする裏技があんだよね。

それならここまで書いた意味…笑

まぁ僕の経験則としてまとめておきたかったからいいのさ…

 

っで裏技だよね。


もう超簡単だよ、

 

『ドライバーに声かけまくる』


これだけ。笑


『◯◯まで行きたいんですけど乗せてもらえませんか?』


と交渉するだけダッ!!!

 

これは特に雨の時とか高速のSAとかで有効なやり方かな。


ホリエモンなんかは、
このやり方使えば10分もあれば捕まると言っていたね!

 

まぁコミュ力がすっごい問われるだろうけどね笑
そこはガンバっ!!!


僕はこの方法あんまり試さないんだけど、
九州から東京帰る時にヒロミちゃんが実践していて
すげー高確率で捕まえていたなぁ笑

 

まぁここまで書いたことを意識してもらえれば
ヒッチハイクは必ず成功するよ!!!


ヒッチハイクは本当にチョー!!!!面白いから、
ぜひ皆さんもやってみてくださいね( ´ ▽ ` )ノ

 

しかーし『天才ヒッチハイカー』の僕は
もう一歩先をいこうと画策しているのだー!!!

 

その名も、

 

『行き先未定ヒッチハイク!!!』

 

この実験の模様は
また動画にするのでぜひ見てくださいね( ´ ▽ ` )ノ
そんじゃまたねー。

 

ユーチューバーやってます!!!

www.youtube.com

九州0円旅の動画はこちら↓↓↓

www.youtube.com

 

※募集してます!
僕と一緒に旅をしながら映像を撮って編集してくれる人を本気で募集してます!!
なんか面白そうって感じた人!そんなことに興味があるやつおるな!って人僕に連絡をください!
tel:09098007671
mail:koya_1110@yahoo.co.jp
メッセンジャーでも大丈夫です!
よろしくお願いします!!

 

コウジのリアルタイムは《Twitter》↓↓↓

twitter.com

イベント情報や日記は《Facebook》 ↓↓↓

https://www.facebook.com/KoozyChannel/