コウジの体験記

コウジが「体験したこと」「感じたこと」を綴っています。

吐き出しちゃいなよと呼びかけてくる。

吐き出しちゃいなよと呼びかけてくる。

喉が痛い。もう喉が痛くてしょうがない。痰がたくさん出てくる。ものすごく汚い。誰かが僕にもう観念して吐き出しちゃいなよ呼びかけてくるようだった。じゃあ僕が吐き出せないことはなんだと考えた時、やっぱり近い存在のことなんだなと感じた。戦争、飢餓、貧困、原発、TPP…そんな問題や課題にばかり意識を持っていたけど、それと同じぐらい家族、親戚、親友、恋人という自分に近い存在との問題も抱えている。まずは内側のこと近くとの存在の課題に目を逸らさずに向き合うことだと感じた午前中だった。

ぶつかりたくない

でもそんなこと言ったって僕はぶつかることが嫌いだ。戦争なんて最悪だと思っている。戦争の話題や特攻隊の話が上がると『どんなに美化をしたって戦争は戦争じゃないか!人殺しをどうして美化するんだ!』という気持ちが湧いてきてしまう。なぜそんな風に思うのか?『戦火の馬』を見終わった後に考えてみた。答えは僕がぶつかることをこれまで避けてきたからだと思った。たしかに彼女ができても喧嘩なんか一度もしたことないし、サッカーをやっていた時だって仲間と言い争ったことなんてほとんどなかった。僕はぶつかることをこれまでずっと避けてきたのかもしれない。

ぶつかっている姿は汚い

それでも僕の本音は『ぶつかる姿は汚い』だ。これは事実だと思っている。自分の主観をぶつけ合っていてなんの解決にもならない。そんな姿を晒すなんて本当に汚いと思う。ぶつかり合いは個人的な喧嘩から、団体になれば派閥争い、国レベルになれば戦争とつながる。さらにはそれで金儲けをしようと考えている輩がいるのだからもう最悪だ。『なぜもっと我慢できない』『なぜもっと相手のことを考えられない』『僕みたいにちょっと言いたいことを我慢すれば済む話なのに』そんな風に心の底から思っている。

汚いものこそ美しい

ぶつかっている姿は汚い。そんな考えはちょっと違うかもしれないと思わせてくれる出来事が先週あった。僕はいつものように祖父母の家にお手伝いをしに行った。そこで一通りのお手伝いを終えた後、なんと祖父母達は親戚の中ではタブー化されていた話を僕に話し始めてくれたのだった。詳細は書かないが、その内容は端から見たらすごく汚いことだ。だから僕や親戚はこれまでずっと触れずに生きてきた。しかし祖父母達は汚いことを隠さず話してくれた。良いことも悪いことも正直話してくれた姿は汚かった。でもそれ以上に美しかった。あぁ汚いものこそ美しいのかもしれない。そう率直に感じた。

本当はぶつかりたい

ここで僕の好きな歌手を紹介したいと思う。「高橋優」という歌手だ。最近はダイハツのCMなどでも起用され少しずつ有名になってきている。その中でも僕の一番お気に入りは『駱駝』という曲だ。


高橋優 「駱駝」

『大人はバカだから』『世間体はカスだから』

そんな汚いところを隠さない言葉を必死に語りかけようとする中学生の僕は憧れた。僕は小さい頃から色んな思いを持ちながらそれを出さないようにしていた。でも本当は吐き出したいという本当の気持ちがあった。『ばかやろう』『くそやろう』『俺の方が正しいんだぞ』自分では言えないけど高橋優が代弁してくれていると、本当に苦しい時、吐き出したい思いがある時『あぁそうだよな、そうだよな』と思いながら高橋優に自分を投影するようになった。汚い自分の姿を隠しながら心の奥底ではぶつかりたいと思っていたのだ。

ありったけの愛を込めて、この街を全部ぶっ壊そうぜ。

僕は今年、様々な人とぶつかった。そのおかげで自分自身の気持ちを吐き出すことができた。人生で始めて本気でぶつかり合った1年だったと思う。でも誰もがそんな僕を誰しもが愛を持って受け入れてくれた。そんな僕がいま感じているのはぶつかる目的は相手に何かをぶつけることじゃないんだなということだ。もちろんぶつかるのだからそれは何かを相手にぶつけようとする。でも相手にぶつけようとしたのと同時にそれは自分に返ってくる。ぶつかるのは相手にぶつけるためじゃない自分を壊すためだ。相手のことを本気で愛すと同時に自分を愛するためにぶつかるんだ。『ありったけの愛を込めて、この街を全部ぶっ壊そうぜ。』そんな歌詞がどこからか聞こえてくる気がした。

それにしても、今日の夕焼けはすごい綺麗だったな。

f:id:KojiBlog:20151218234944j:plain

 

こうじ