コウジの体験記

コウジが「体験したこと」「感じたこと」を綴っています。

偶然なのか、必然なのか。

佐渡島での滞在を終え、本土に帰ってきた。佐渡島の夕日は非常に綺麗だった。

f:id:KojiBlog:20170616171854j:plain

50円依頼、始めます。

最近になって「これから何がしたいんだろう?」などと考える場面が増えている。(つまり暇ということです。)5月にやった「コウジの人生、自由に使ってください!」は成功といえば成功だったが、失敗だったといえば失敗だったと思う。

koji-diary.hatenablog.com

 これは前の記事でもまとめたように【拒否権】を放棄してしまった自分に責任があった。そこらへんを振り返って【拒否権】をしっかりと持った奴隷(それは奴隷とは言わないか笑)のような、まぁ言葉なんてなんでもいいんだけど、そんな風な存在になれたら面白いなぁと思っている。理想でいえばホームレス古谷さんのような感じかな。

matome.naver.jp

ということで時間が余りに余っているコウジが東京近辺の方を中心にして50円依頼をやってみようかなと思っています。(交通費をいただければどこでもいけます!!)まぁ僕の強みとしては15年サッカーをしていたっていうのと、スポーツメンタルコーチとして活動していた時期があるので、それを生かしてユースやジュニアユース年代のアスリートの相談窓口的な存在になれたら面白いなぁと思っています。もちろん草取りとか、イベントのスタッフとか、子守りをしてほしい【子ども達とヒッチハイクの旅は大募集!】なんてのにも対応していますので依頼がありましたらなんでも相談していただければと思います。依頼がある方は↓↓↓

u0u0.net

偶然なのか、それとも必然なのか。

ヒッチハイクをしていると時々「この人と出会えたのは必然なのかもしれない」と思うことがあります。

koji-diary.hatenablog.com

乗せてくれたドライバーさんに「なんで乗せてくれたんですか?」と聞くと、高確率で「たまたま」というワードが出てくる。その言葉だけを聞けば「偶然」だと思ってしまうけれど、それにしては出来すぎてることが多い。例えば、最近だと「甥っ子がコウジと同じ高校でサッカーしている(つまりコウジの後輩!)」があった。この人たちも「いつもは通り過ぎるけどたまたまこのSAに立ち寄った」と言っていたし、6時間待った海老名で「たまたま手を振ってたのを見たから」ということで乗せてくれたお姉さんが、僕の通っていた隣の中学校の出身だったとか。もう数え切れないほどの「たまたま」という偶然が目の前に起こるのです。いやでも考えてみれば、1秒たりともお互いがそこに居合わせるのが遅ければ出会うことがないわけで、これは「必然」だったのかもと、後から感じることも多いです。「引き寄せの法則」なんて言葉がもてはやされているけれど、はたしてヒッチハイクの出会いは「偶然なのか、それとも必然なのか」なんて考えてみると答えは全く出てきませんね!【またに哲学的!笑】なので僕は「偶然であり必然である」とかっこいい言葉にしてみようと思います!

ただヒッチハイクで1つだけ悲しいことがあります。それは「乗せてあげようと思ってくれたのに、行く方向が違ったから乗せてもらえない」という現象です。

これはヒッチハイクをしていると本当に多くて、「あぁ自分の目的地さえなければと思うことはしばしば…ん?ん???そうか!目的地を無くしてしまえばいいんだ!」と思いついたのが昨年11月の九州0円旅後編の時。

youtu.be

この時は「目的地は決めているけどドライバーさんには伝えない」というルールにしていました。その結果、3日目にしてゴールしてしまうという、完全な企画倒れでした…。(乗せてくれた皆さん本当に有難うございました!)なのでもう一度だけチャレンジできたらなぁなんて思っていました。声をかけてくれた車には必ず乗るということにしてしまえば、いままで「偶然」声をかけてくれていた人たちと「必然」の出会いに変えてしまえるのではないか?いままで乗れなかった人の車に全部乗ってしまったらどうなってしまうのか?もしかしたら山の真ん中で「クマに食われて死ね!」と降ろされてしまうかもしれないし「ちょっとした観光名所あるから案内してあげるよ!」となるかもしれないし、ヒッチハイクを通してできるだけ自分のことをフリーな存在にした時に起こる「ナニか」がめちゃくちゃ面白いんじゃないかと思っています。(日本一周なんてできてしまったらもうそれはそれはやばいね!!!)ということで!!「50円依頼」と共に「行き先未定ヒッチハイクで日本一周できたら面白い」というイベントもやってみようかなと思っています。もし見かけたら乗せてくれたら超絶嬉しいです!

こんな感じで、今日は最近考えていたやりたいことをまとめてみました。

それじゃまたね!