コウジの体験記

コウジが「体験したこと」「感じたこと」を綴っています。

あれ?足首痛くない!の巻

お久しぶりです。笑

そういえば全く更新していなかったなぁと思ったので…

今日は久しぶりにWWOOFでの経験でも書こうかなと思います。笑

足に重りがついちゃった。

今から5ヶ月前。僕は高野山に行く準備をしていました。大学を休学して外でいろんなこと経験するんだ!!と意気込んでいた最中、僕の左足首に異変が起きていました。


『あーきちゃったよ。まじか最悪。。。』

f:id:KojiBlog:20151214101357j:plain


13年間のサッカー生活で僕の足首はグラグラになっており、足首が外れたような感覚になってしまうのです。まぁ痛くて痛くて歩く気が失せてしまう感じです。
それがそれがこの大事な高野山に行く直前に起きてしまい。。。
すげー萎えたのを今でも覚えています。


でもいつもだったら2週間ぐらいで治るので、まぁ大丈夫だろうぐらいに思っていたのですが…


2週間経っても1ヶ月経っても3ヶ月経っても治らず。。。


しまいには足首に突起物のようなものができてしまいました(´Д` )

もう痛くて痛くて仕事になんてならないぐらい…


14筋体操、経絡マッサージなどとりあえず今まで習ったもの試しても全く効果はなく…
タッチフォーヘルスと鍼灸の治療も受けてみましたが効果は薄く…

もう半ば諦めていたのでした/ _ ;


しかしその後『身体ってやっぱり本当に面白いな!』

って改めて思わされる出来事に僕は出会ってしまうことになるのでした。

 

ん?どういうことだ?屋根?えっ屋根?

足首に突起物ができたのが4月の後半。

それからもう3ヶ月がたった頃。僕は岐阜県高山市にWWOOFをしに来ていました。

その朝食での出来事でした、

 

『浩二君は高いところ平気?』

 

正直なところ高いところは大の苦手で、昨年の実践BBQでも10mからの飛び込みで溺れかけていたのです。。。(笑えない。泣)

 

『もちろん大丈夫です!!』

f:id:KojiBlog:20160314230246j:plain


なんの勢いなのか、僕はそう答えてしまったのです。(笑えない。泣)

 

『おー!いいねぇ。よしそれなら屋根を貼ろう!』

 

(ん?どういうことだ?屋根?えっ屋根?????)

一瞬で僕の頭は???だらけに。笑

 

まぁでも最初のWWOOF先(広島尾道市因島)で小屋を作っており、そこでも屋根を張ったことがあるから大丈夫だろうぐらいに考えていました。

f:id:KojiBlog:20160922220625j:plain

f:id:KojiBlog:20160922220634j:plain

 

しかし、待っていたのは高さ18m級のでっかい建物だったのでした。(広島は3m級だったから比べ物にならない/ _ ;)

f:id:KojiBlog:20160922215910j:plain


余談ですが、この建物は70歳のワイルドじいちゃんが里山から木を切り出して全部自分で立てちゃったんです(すごすぎ笑)


どうする浩二。


『すいません。やっぱり怖いです。』

 

そうやって言って違う仕事にするか。。。

僕の頭の中はそれはそれはもう急速回転でいろんなことが駆け巡っているわけです。


『よーし、じゃあ行こうか!一応だけど命綱つけとこうか!』

 

しかしその時はもう来てしまったのです。

 

『はい。。。』

 

ということで18m級の建物の屋根に上ることになった浩二。

f:id:KojiBlog:20160922215853j:plain

ヒョイヒョイとじいちゃんは僕の目の前で屋根に登っていく。


「なんていうじいさんなんだ(´Д` )」


命綱は付いているとはいえ屋根の下は丸見え。


「足はガクガク…手はブルブル…」


しかし僕は決死の覚悟でハイハイするように一歩ずつ進んでいきます。

 

『その板取ってくれ!』


『はい!』

f:id:KojiBlog:20160922215801j:plain

『この板押さえといて!』

 

『はい!』

 

とにかくその場の作業に集中するしかありませんでした。

でもそのおかげで少しずつ少しずつ僕の体も慣れていき、そのうち立って歩けるようになっていました。

 

そんな僕におじいちゃんが、

 

『お前もここ打ってみるか?』

f:id:KojiBlog:20160922215743j:plain


と初めて雑用以外の板張りの仕事を頼まれたのです。

とにかくやってみて、最初は失敗して…

 

『こっちで打つんだよ!小学校で習っただろ?』


「ちゃんと図工の授業やっときゃよかった…」といまさら後悔…


そうして屋根張りの手伝いをを何日も何日も続けていくうちに、少しずつ少しずつできるようになっていって、自分が屋根の上にいることなんか忘れたかのように楽しんでいました。

とうとう完成が目の前に迫る頃には、屋根の上をじいちゃんよりも早くヒョイヒョイと走るように動くまでに成長していたのでした。

 

f:id:KojiBlog:20160922215945j:plain

そんな完成間近の時にじいちゃんが僕にこう聞いたのです。

 

『お前こういう土木関係のアルバイトでもやってたのか?』


僕はそんなの全くなかったから

 

『いいえ全く初めてですよ。』

 

と答えたのでした。


『本当か!?』

 

そしたらじいちゃんが目ん玉まんまるくしてびっくりしたのです。


それぐらい僕は手馴れた様子で作業していたようで、まさか初めてだとは思わなかったようです。

 

そんな話をした後、

久しぶりに左足首が気になったので触ってみると

 

「あれ?いつもの突起がないな?」


試しに曲げたり伸ばしたりを何回も繰り返してみても

 

『あれ?足首痛くない!』

f:id:KojiBlog:20160922220944j:plain


自分自身で調整してみても…

セラピーを受けてみても…

なにをしても5ヶ月もの間ずっと悩まされていた足首の痛みが

屋根に登ったことで消えてしまったのでした。


おしまい。


長くなりましたが最後までお付き合いいただきありがとうございました。
右半身顔面麻痺、突発性痙攣、椎間板ヘルニア…などなど
病気と呼ばれるようなものを自分の身体で直してしまっている僕としては、「また今回も治っちゃった!」って感じなのですが、
もし痛みや苦しみを感じている方がいれば、自分の身体の声にしっかりと耳を傾けて貰えば、案外奇跡って起こるものなので希望を失わないで欲しいなって思います。
そんじゃこれから鳥取へ向かいますのでまた更新しますね!!